緑の滝

20年以上前

キャリアも知識も資格も技術も

まだ何もなかった駆け出しの頃

仕事中、小学生の男の子に

「頭の上に緑色の滝が降ってきてるよ!」 と言われました。

子供は大人には見えないオーラやエネルギーを見ていることが多いです。

そんな話も、まだ駆け出しの自分には新鮮だったので

「へえ!そうなんだ」 と驚きました。

7〜8歳くらいのある時期、その子の感覚も鋭敏だった頃

とても仲良しになりました。

私にとっても、その時期は、ある意味

ビギナーズラックの盛り。

毎日が泣くほど辛くても、同じくらい喜びや楽しさも大きく。

何もなくても、一番大事なことだけを

今よりずっと大事にしていたようにも思います。

感覚。

無心。

それだけを頼りに。

人生の一番大きな過渡期 を感じる今。

向かう先は

まだ見えないけれど

新しい流れに身を任せ

忘れていたものを取り戻し

ひとまずチャレンジ!

new
tags