エールをこめて

お懐かしい方が クライアントとして来てくださいました。

お会いするのは 32年ぶり。

私の大学入学祝いに 実家に来てくださって以来のこと。

当時はまだ、

どこの馬の骨ともわからぬ自分です。

「大学中退して、離婚もして、この仕事してらっしゃる意味がわかりました。」と。

意外でしたが 率直なご感想を頂きました。

そこの因果関係が あるかどうかはともかくとして(笑)

心のままに

ここまで歩んだ道のりを、

肌で感じ取ってくださってのお言葉が、ただありがたく。

長い年月、それぞれに様々なことを経て、

今、自分がお役に立てる何かがあることが

ただただ ありがたく。

もうすぐ25年目に入るこの仕事。

駆け出しの頃から見れば、

随分、出来ることも増えましたが

心身ともに難題をいただくことも増え

自分へのもどかしさも増えてきます。

追い込まれるのも ありがたいことです。

エールをこめて

ギアを上げて臨みます。

new
tags