自閉症の世界

重度の自閉症の作家として有名な

東田直樹さんのエッセイ

「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」を原作とした

ドキュメンタリー映画「The Reason I Jump」を観てきました。

https://movies.kadokawa.co.jp/bokutobi/


10年近く前にそのエッセイを読んだ時には、

会話のできない重度自閉症の彼の内面にある

鋭い感性や哲学的な洞察に触れ

深い感銘と共感、

そしてますます

自閉症に対する世間の認識との

ギャップの大きさを感じました。


会話のアウトプットが出来ないからといって、

知性や感性が「無い」と考えるのは間違いです。

実際、

彼らを捉えられる僅かな入り口から

内面に触れると

彼らの内奥には

顕微鏡と聴診器で捉えるような

微細で深く鮮やかな世界が広がっています。


私は以前から

自閉症関連の文章は

当事者ご本人のものしか信用しません。

それ以外の

外から見た解釈は

ほとんどが当てにならないと感じます。


今回の映画は

当事者である東田直樹さんの原作を元に

イギリス人監督によって

5人の海外の自閉症の方達のドキュメンタリーとして

丁寧に描かれていました。


これをきっかけに、さらに

世間の理解が進むことを期待します。




先日も書きました「二極化」のように


健常者vs障害者


障害=不幸


という単純図式も

これからの時代、

どんどん薄れていくのではないかと思います。


これまでとは全く別の常識におきかえると

全く違った世界が見えてくるのでは?


そのことを教えてくれている人達。



〜 僕らはきっと文明の支配の外に生まれた。

多くの命を殺し

地球を壊した人類に

大切な何かを

思い出してもらうために 〜 

(東田直樹「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」より)



彼らの世界が表で輝きを増しますように・・*・゜゚

・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*







new
tags